TOP > スマークについて

スマークについて

コンセプト

ゴキゲンなくらし

“ゴキゲンなくらし”(発見がある。満足がある。オトク感がある。)を商業コンセプトに、30代の団塊ジュニアファミリーはもちろん、その両親である団塊世代までの「3世代親子」が訪れたくなる、新しいライフスタイルを提案します。

外観写真

施設案内

地域名にちなんだ親しみやすいフロアネーミング&フロアデザイン

各サインや広場などのネーミングは、分かりやすさ、親しみやすさを配慮したものに。3つの広場は、上毛三山の名を用い、伊勢崎の地域性、豊かな自然環境を表現しています。季節ごとに行うイベントスペースや憩いの場としてご活用ください。フロアデザインには、伊勢崎の豊かな風土、歴史、文化、工芸を取り入れています。
伊勢崎かすり、大利根川、上毛三山をモチーフとしたデザインが、スマークの空間を演出します。

ネーミングの由来

「SMARK(スマーク)」は、2008年3月27日(木)から4月27日(日)までの1ヶ月間開催されたネーミング投票キャンペーン(投票総数23,923票)により、「スマーク」(11,665票)、「スピナス」(6,375票)、「ワラオ」(5,883票獲得)の3候補から選ばれました。

「SMARK(スマーク)」は、ここにくれば誰もがみんな笑顔になれるという願いを込めた「SMILE(微笑む)」と、自然環境豊かな公園が非常に多い建設地周辺の特徴から「PARK(公園)」という言葉を選び、両者を組み合わせて作られた造語です。

公園とは地域の皆様が集う憩いの場所であり、そこには様々な触れ合いと笑顔があります。スマークという言葉には、本施設が地域の皆様にとって、一日中笑顔で楽しめる交流の場のひとつでありたい、という思いがこめられています。

ロゴマークについて

建設地の自然環境あふれるイメージを、植物を連想させるグリーンで表現しています。本施設の商業コンセプト、”ゴキゲンなくらし”(発見がある。満足がある。オトク感がある。)を、ウキウキと弾むような楽しさを連想させるピンク色と花のモチーフ、そして“K”の文字で表現しています。

施設概要

所在地 群馬県伊勢崎市西小保方町368
交 通 JR両毛線「伊勢崎」駅よりバスで約15分
(直通バス・無料シャトルバス「あおぞら」)
北関東自動車道伊勢崎ICより国道17号線を南に2.5km
構造規模 鉄骨造 地上3階(一部5階)塔屋1階
延床面積 約110,000㎡
駐車台数 3,000台
開 業 2008年11月20日
店舗数 185店舗

  • 営業時間